この調査からは、年齢を重ねるにつれて、性行動が「ごぶさた」になることが読み取れます。体力低下や健康上の理由など、加齢による影響と考えることもできるでしょう。
 
 その一方で「生涯現役」を生きがいに、パートナーとの豊かな性生活をエンジョイしている高齢者も少なくありません。
 実際、調査の最高年齢層である75〜79歳では、男性の11%、女性の17%が「月2〜3回性交する」と回答しています。
 
 人間の性行動に年齢的な「始め」はあるものの、決まった「終わり」はありません。にもかかわらず、高齢者の性については「性欲は加齢とともに衰える」という誤解が一人歩きしているようです。
 
 そのため、超高齢社会を迎えているのに、高齢者の自由な恋愛や性行為を蔑(さげす)んだり、呆れたりするなど、高齢者の性を否定的に捉える風潮が根強いのが現状です。
 
 十人十色と言われるように、性に対する構え方は、人それぞれ。[[巨人倍増>http://www.seiryokuzaia.com/]]ですから、世間の目や実年齢をいたずらに気にすることなく、パートナーとの満ち足りた性生活を楽しんだり、精神的なつながりを大切にしたりするのは素晴らしいことです。
 
 性行動による刺激=快感は、最終的には脳で受け止めるのですから、[[三便宝>http://www.strong-one.net/seiryokuzai-56.html]]感じ方やその大きさに個人差があるのは当然でしょう。他人の流儀に惑わされず、マイペースで性を楽しむ余裕をもちたいものです。
 
 年齢によっては、パートナーに先立たれる場合があるでしょう。[[シアリス 通販>http://www.edchiryouyaku.net/shiarisu20]]生別か死別かを問わず、新たなパートナーと出会う機会に恵まれることがあるかもしれません。
 
 人が誰でも生まれつきもっている「性的に幸せになる権利」を「セクシャル・ライツ」といいます。この考え方で大切なのは「こうありたい」と願う自分の気持ちを、高齢者が生きがいと捉え直して、充実した人生設計に役立ててもらうことです。
 
 デビュー当時に剛速球で鳴らした投手が経験を重ねるにつれて、変化球で勝負するようになるのは自然の成り行きと言えます。体力や持続力の衰えを技巧で補う、というわけです。
 
 同じことが、性生活にも言えます。力が有り余っている若いときは、勢いと回数で自分の快感を満たすことが多いでしょう。しかし、中高年になると、回数よりも1回あたりの深さを追い求めるようになります。
 
 また、自分の欲求だけでなく、パートナーと一緒に過ごす時間や空間を重視するようにもなります。場合によっては、挿入をしなくてもお互いの肌に触れ合うだけで精神的な安らぎを覚えることもあるでしょう。
 
 高齢者の性に「引退年齢」はありません。むしろ、奥深い性の世界に関心をもち、新鮮な興味を抱くことは若さを保つための、よい刺激となるはずです。
 
 高齢者が豊かな性生活を送るためには、食生活や健康管理に注意を払い、基礎体力をつけておくことが大切です。体力と体調に応じて行われる性生活は、適度な全身運動にもなるでしょう。
 
 中折れの兆しがあるなら、専門医の診察を受けた上で、ED(勃起不全、勃起障害)治療薬を処方してもらえば、備えは万全です。
 

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS