Microsoft Virtual Server 2005 R2

前準備

まずは、Microsoft Internet Infomation Serviceのインストールが必要です。コンパネのアプリの追加と削除のWindowsコンポーネントで追加しておきましょう。

ダウンロード

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=6DBA2278-B022-4F56-AF96-7B95975DB13B&displaylang=jaのページの、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=64010のリンクからダウンロードできます。

インストール

ダウンロードしたファイルを実行します。インストールはWindows Installer形式です。

使い方

すべての操作は、基本的にWebブラウザから行います。

http://localhost/VirtualServer/VSWebApp.exeからアクセスできます。この時、NTLM認証がなされるので、場合によっては、管理者権限を持ったアカウントでWebブラウザを起動しておかないとアクセスが拒否されることがあります。

あとは、Webブラウザに表示されるメニューでVMを作ったり起動制御をしたり出来ます。

リモートコントロールクライアントをインストールしていれば、スタートメニューから起動して、VMの操作(環境設定等の操作は出来ない)が出来ます。

ブラウザやリモートコントロールクライアントを終了しても、VMは動き続けます。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-07 (金) 14:27:58 (4995d)